目次

装置設定

装置一覧内で1つの装置を選択状態にすると、その EtherMX 個体の設定をします。
(装置を選択するには、装置の余白(シリアル番号など)をクリックします)



装置 ボタン
ローカルネットワークに接続されている EtherMX を検出して装置一覧に表示し、設定状態を取得/表示します。
再表示」(設定メニュー)と同等です。

名前
各装置には名前を付与できます。
名前を設定するには、「シリアル」番号の下側をマウスでクリックします。
半角英数記号は 17 文字まで。
日本語などはおよそ 5 文字まで。
(使用する文字によってはさらに少なくなる場合があります)
これは Art-Net の「Short Name」になります。

現状の IP アドレス
実際に使用している IP アドレスを表示します。

Art-Net では、通信する機器同士が同じ「ネットワークアドレス」である必要があります。
また、各機器は異なる「IP アドレス」を使用する必要があります。
以下で IP アドレスの指定方法を設定します。

静的 IP アドレス
起動ごとに不変の IP アドレスを指定します。



DHCP を使用
DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)を使用して、IP アドレスを自動的に設定します。
ローカルネットワーク内に DHCP サーバーが無いなど、自動的に設定できない場合は、上記の「静的 IP アドレス」が使用されます。
(DHCP で割り当てられる IP アドレスは、起動ごとに変わり得ます)
ファームウェアを更新」するときは、DHCP を使用しないでください。
(「ファームウェアを更新」時には自動的に再起動するので、IP アドレスが変わり、通信を続行できなくなることがあります)

Unicast(個別送信)を使用
Art-Net で DMX データを送信する際に、同じ「ポートアドレス」(Net/Sub/Univ)(ユニバース、系統)に設定されている機器に対してだけ送信します。
ただし、送信元 EtherMX 以外に2台以上の機器が同じポートアドレスに設定されている場合は、Unicast ではなく Broadcast(同報送信)します。
Unicast では通信量および受信側機器の処理の無駄を減らす効果があります。
機器の起動順序などによって、各機器に設定されているポートアドレスを正しく把握できない可能性もあります。
その場合、意図した機器に送信されないことがあり得ます。
うまく動作しない場合は、Unicast を使用しないで下さい。

RDM 機器を定期的に発見
「出力」として設定されている DMX ポートで、RDM 対応機器の接続/撤去を定期的に調べます(約 30 秒おき)。
RDM 信号は通常の照明制御信号と混在します。
照明制御データ送信量の低下など、それによる影響を避けたい場合は、この機能を使用しないで下さい。
(RDM コントローラー機器によって、手動で発見を起動する機能が提供されているはずです)

設定後消灯
EtherMXSet による設定変更、および電源投入の約 5 秒後に、すべてのインジケーターを消灯します。


予備入力
予備入力」を参照してください。


出力繰返し
DMX 出力のディマーデータ(スタートコード 0)に変化がない場合に、自動的に出力を繰返す頻度です。
信号時間設定によっては、この設定値より少なくなります)

この設定値は、Art-Net からの出力データ頻度よりも少なくする方が、遅れが少なくなります。
例えば、Art-Net からのデータが 40 Hz 程度で送られてくる場合、「出力繰返し」を 30 Hz 以下にするなど。

下図の例では逆に、出力繰返し頻度の方が多い場合です。
自動繰返しデータによって、本来の出力データに遅れが生じます。



出力マージ方法を指定
Art-Net からの同じ「ポートアドレス」(Net/Sub/Univ)のディマーデータ(スタートコード 0)をマージ(merge:併合)して DMX 出力する場合に、明示的に設定した方法を使用します。
これが選択されていない場合は、ArtAddress によるマージ方法指定によります。

無信号時に 0 を出力
DMX 出力データがない(対応する「ポートアドレス」(Net/Sub/Univ)のデータが Art-Net あるいは DMX 入力から受信されない)場合、全チャンネル値「0」の信号を DMX 出力します。
このとき、上記「出力繰返し」設定が使用されます。
これが選択されていない場合は、DMX 出力データがないときは何も出力しません。