目次

設定 メニュー




再表示
ローカルネットワークに接続されている EtherMX を検出して装置一覧に表示し、設定状態を取得/表示します。
(EtherMXSet 起動時には同じことを自動的に行います)


パッチ ウインドウ
パッチ編集用ウインドウを開きます。
装置一覧内で、1つのポートだけが選択されている状態で選べます。

マージ ウインドウ
マージ方法設定用ウインドウを開きます。
装置一覧内で、1つのポートだけが選択されている状態で選べます。


すべて直結
ポートのパッチ設定を、「すべて直結」(変更なし)にします。
装置一覧内で、1つのポートだけが選択されている状態で選べます。

すべて HTP に
ポートのすべてのチャンネルのマージ方法を、HTP(Highest Takes Precedence:高値優先)にします。
装置一覧内で、1つのポートだけが選択されている状態で選べます。

すべて LTP に
ポートのすべてのチャンネルのマージ方法を、LTP(Latest Takes Precedence:後着優先)にします。
装置一覧内で、1つのポートだけが選択されている状態で選べます。


アドレスを初期化
EtherMX 装置の IP アドレスを初期化します。
装置ごとに固有の静的 Art-Net アドレス(2.x.x.x)になります。
接続されている「すべての装置」、もしくは特定のシリアル番号の装置だけに対して初期化します。




通常はこの操作は不要です。

システムによっては、ある種の IP アドレスからの信号を遮断します。
(セキュリティー向上などのため)
そのような IP アドレスを装置に設定すると、装置一覧に現れなくなり、以降の設定ができなくなってしまいます。
このような状態になった場合、「アドレスを初期化」することで、再び装置一覧に現れるようになります。

システムが遮断するアドレス例
(システムおよびバージョンによって異なります)
  • カレントネットワーク(例:0.0.0.1)
  • ローカルホスト(例:127.0.0.1)
  • ネットワークアドレス(例:192.168.0.0)
  • ブロードキャストアドレス(例:192.168.0.255)
  • Class D、E(例:224.0.0.1)

    現時点での手動 IP アドレス設定では、これらのアドレスを設定できないようになっています。
    今後のシステム側の変更で、他にも遮断されるアドレスが追加される可能性もあります。


  • すべての装置を初期化
    ネットワークに接続されているすべての EtherMX 装置を初期化します。
    (正確には「初期状態相当」にします)

    ファームウェアを更新
    EtherMX 装置のプログラムを更新します。
    この機能を使用するには、対象とする装置を装置一覧内で選択状態にしてから、この項目を選んで下さい。



    「現行バージョン」は、EtherMX 装置内のプログラムのバージョンです。
    「更新バージョン」は、新たに書き込むプログラムのバージョンです。

    ファームウェアを更新するときは、「DHCP」を使用しないでください。
    (ファームウェアを更新時には自動的に再起動するので、IP アドレスが変わり、通信を続行できなくなることがあります)

    何らかの原因で更新が完了しない場合、出荷時のプログラムに戻ります。
    ただし、正常に起動しなくなる可能性もあります。
    更新処理中は EtherMX の電源を切らないで下さい。
    また、中断しないようにして下さい。
    故障の原因となります。