目次

マージ

「マージ」(merge:併合)は、異なる発生元からの DMX ディマーデータ(通常の照明制御用データ、スタートコード 0)を、チャンネルごとに併合します。
各 DMX ポートのチャンネルごとに、個別にマージ方法を設定できます。
DMX 入/出力で同じ設定を使用します。

マージ方法には があります。

ポートに1つのチャンネルでも LTP が設定されている場合、ポート一覧に「L」と表示されます。

マージ方法を設定するには、装置一覧内で1つのポートだけが選択されている状態で、設定メニューの「マージ ウインドウ」を選びます。
同様に、設定対象のポートは装置一覧内で指定します。




「マージ ウインドウ」内に、チャンネルごとのマージ方法を示します。
「HTP」の場合は空白になります。
チャンネルごとのコマをクリックして切り替えます。

DMX 出力ポートのマージ方法設定は、装置設定の「出力マージ方法を指定」が選択されている場合だけ有効です。


処理経路


DMX 入力のマージ方法設定は、同じ「ポートアドレス」(Net/Sub/Univ)に設定されているポートのうち、ポート番号の小さいものが使用されます。
ただし、「予備入力」に使用されているポートは除外されます。
使用されない設定は、薄く(灰色)表示されます。

下図の例では、ポート2のマージ方法設定が使用されます。




「予備入力」は単独で切り替えになるので、マージ(併合)されません。