目次

再生専用 モード

「再生専用 モード」では、「レコーダー モード」で記録した DMX データを、さまざまな方法で再生することができます。


シーケンス
「再生専用 モード」では、「シーケンス」が実行単位となります。

1つの「シーケンス」には、DMX および音声それぞれに、複数の一連の「シーン」を設定し、時間経過とともに実行できます。
1つの「シーン」には1つの「DMX ファイル」あるいは「音声ファイル」を割り当てます。




「再生専用 モード」では、「装置制御ウインドウ」は「シーケンス」の編集用になります。




装置制御ウインドウで行う設定は、ウインドウを閉じるとき(もしくは DIAheartSet を終了するとき)に DIAheart 本体に保存されます。
装置制御ウインドウを開いたまま、DIAheart の電源を切らないようにして下さい。


シーケンス一覧
左端は「シーケンス一覧」です。
各シーケンスには任意の名前をつけることができます。
あとから変更することもできます。
(名前を変更しても、割り当ては保持されます)
「試行」ボタンを押すと、自走開始します。
「外部起動」が設定されていると、試行ボタンには起動要因識別子(チャンネルなど)が表示されます。
緑色三角は実行中のシーケンスを示します。

シーケンスを追加するには、「シーケンス」メニューの「シーケンスを追加」を選びます。
シーケンスを削除するには、対象のシーケンスを選択状態にしてから、「編集」メニューの「削除」を選びます。


ファイル一覧
右端は「ファイル一覧」です。
DIAheart 本体に記録されている DMX および音声ファイルが表示されます。
シーンにファイルを割り当てるには、ここからドラッグ/ドロップします。

DMX ファイルの追加
通常は、DMX ファイルは DIAheart 自体で記録したものを使用します。
他に、DIArec で記録したファイル(.drc)を転送して使用することもできます。
それには、DMX ファイル一覧にドラッグ/ドロップして転送します。
ファイル名に半角英数字以外(漢字など)が含まれていると、DIAheart 上では正常に表示されません。
ファイル名は最長 31 文字(半角英数字)です(拡張子を含む)。
DMX ファイル一覧の更新には約 5 秒要します。

DMX ファイルの削除
DMX ファイルは、DIAheart 本体のレコーダーモードで削除できます。
他に、DMX ファイル一覧で選択したファイルを、「編集」メニューの「削除」で削除することもできます。


DMX シーン
「ファイル一覧」が「DMX」のとき、中央部は「DMX シーン設定」および「DMX シーン一覧」になります。

DMX シーン一覧
「時刻」はそのシーンを実行する、シーケンスの先頭からの相対時刻です。
各シーンには任意の名前を付けられます。
「試行」ボタンを押すと、自走開始します。
緑色三角は実行中のシーンを示します。

シーンを追加するには、「シーケンス」メニューの「シーンを追加」を選びます。
シーンを削除するには、対象のシーンを選択状態にしてから、「編集」メニューの「削除」を選びます。

DMX シーン設定
「シーン一覧」で1つだけ選択状態になっているシーンの設定を行います。

音声シーン
「ファイル一覧」が「音声」のとき、中央部は「音声シーン設定」および「音声シーン一覧」になります。




「フェード」は、再生中の音声とのクロスフェード時間です。
最大2つまでの音声を同時に再生できます。
クロスフェードが完了する前に、さらに別のシーケンスの音声再生が始まると、2つ前の音声再生は中断します。


音声との同期
シーケンスに「音声シーン」が1つでも設定されていると、DMX シーンの進行および DMX データの再生は、音声に同期します。
(音声ファイルが割り当てられていなくても、音声同期となります)
この場合、DMX データの「繰り返し」および「再生範囲」の「終点」設定は無効です。
外部同期(自走以外)が使用されると、音声とは同期しません。


シーケンスの繰り返し
シーケンスごとに「繰り返し」を設定できます。
自走」の場合のみ有効です。
繰り返し時間長は「停止状態」になる時間と同等です。

シーケンスの起動
さまざまな方法でシーケンスを起動できます。
下図は概略を示します。




シーケンスの自動作成
シーケンスをドラッグ/ドロップして設定する箇所では、DMX ファイルあるいは音声ファイルをドロップして、シーケンスを自動作成した上で設定できます。
DMX ファイルをドロップすると、そのファイルが割り当てられたシーンからなるシーケンスを自動作成します。
音声ファイルをドロップすると、その音声が割り当てられたシーケンスを自動作成します。

シーケンス名(およびシーン名)はファイル名と同じになります。
(あとから変更できます)
すでに同じ名前のシーケンスが存在する場合は、そのファイル割り当てを置き換えるか、新たにシーケンスを作成するか選べます。




Art-Net(DMX データ)繰り返し送信動作について。
DMX ファイルの再生が停止すると、最後に送信した状態を定期的に繰り返し送信し続けます。
空の(何も記録されていない)DMX ファイル、もしくは存在しないファイルを再生すると、何も送信しなくなります。
(「暗転を作成」で作成されたファイルは「空」ではありません)
この場合、定期的(30秒おき)に「OpPollReply」を繰り返し送信し続けます。


シーケンス メニュー




シーンを追加
シーンを追加します。

時刻を移動
シーンの実行時刻を変更します。




始点を検出
シーンに割り当てられている DMX ファイルの始点時刻の候補を検出し、「始点」に設定します。




切り取り
シーンに割り当てられている DMX ファイルの始点/終点時刻の間を別ファイルに保存します。
終点が始点以前の場合は、終点指定は無効で、最後のデータまで使用されます。
保存されるファイル名は、元のファイルとは異なる必要があります。


併合
選択されているシーンの DMX データを併合(マージ)し、1つの DMX ファイルとして保存します。
各シーンの「ファイル」、「範囲」(始点、終点)、「値」、「速度調節」設定が使用されます。
「終点」が「始点」以前の場合は、終点指定は無効で、最後のデータまで使用されます。
全シーンの「始点」が揃えられ、併合結果の先頭時刻「0」になります。
保存されるファイル名は、元のファイルとは異なる必要があります。

併合手順
  1. 併合作業用の一時的なシーケンスを作成します。
  2. シーンをいくつか作成し、併合する DMX データを割り当てます。
    各シーンの「時刻」を適宜設定し、確認再生できるようにします。
  3. 必要に応じて「範囲」(始点、終点)、「値」、「速度調節」を設定します。
  4. 併合するシーンを選択状態にします。
  5. メニューから「併合」を実行します。
  6. シーンをひとつ作成し、併合結果の DMX データを割り当てます。
    シーンの「時刻」を適宜設定し、確認再生できるようにします。
  7. 再生して確認します。
  8. 必要に応じて上記「3、4、5、(6、)7」を繰り返します。

速度計算
DMX データの再生速度調節値を算出するための補助機能です。



すでに速度調節されている場合は、算出された値を加算してください。
例えば、「速度調節」が「1.00」に設定してある状態で、上図のように「10 分で 1 秒早い」場合、あらたに「0.83」を設定してください。
(1.00 - 0.17 = 0.83)


シーケンスを追加
シーケンスを追加します。

行事を追加
予定表」を使用しているときに、「行事」を追加します。

予定表を使用
予定表機能を使用します。
「予定表」を使用中は、チェックマークが付きます。

ボタン
ボタン設定ウインドウ」を表示します。

自動再生
自動再生設定ウインドウ」を表示します。

電源断
電源断の検出時に実行するシーケンスを設定します。
電源断遅延」を併用する必要があります。



外部起動設定
外部制御によるシーケンス再生開始方法を設定します。
外部起動を使用中は、チェックマークが付きます。

マスターフェーダー
DMX データの全ユニバース、全チャンネルの値を、外部制御により一括調節します。
ここでは制御に使用する DMX チャンネルを指定します。



「フェーダーをパネルに表示」を選ぶと、DIAheart 本体のタッチパネルにフェーダーを表示します。
このフェーダーは操作できます。
ただし、外部制御によって随時変更されます。
タッチパネルによる操作を使用する場合は、必要に応じて「モード」を「(なし)」にして下さい。

シーン実行によって直前の DMX 出力状態がフェードアウトするとき、直前の DMX 出力状態の調節は、フェードアウト開始時のマスターフェーダー状態よりも下げる調節のみ有効です。
たとえば、マスターフェーダーが 50% の状態でフェードアウト開始した場合、マスターフェーダーを 50% より高くしても、直前の DMX 出力状態はフェードアウトし続けますが、チャンネル値が増えることはありません。
実行開始したシーンの DMX 出力は、常にマスターフェーダーで調節できます。

BGM
ここで指定した「シーケンス」の音声のみを、繰り返し再生します。
他の方法で起動されたシーケンスとは独立しています。




暗転を作成
暗転用の DMX データを作成します。
明示的な暗転データを使用することで、意図どおりに暗転状態にできます。



「ユニバース数」は、データを生成するユニバース数です。
「値」はチャンネル値です。
(全チャンネル、全ユニバースとも同じ値です)
「時間長」で暗転データ自体の長さを指定します。
(自走の場合は「シーン」の「繰り返し」で延長できます)


モニター表示
設定中の DMX シーンが「実行中」の場合、再生中のデータの概略を表示します。
レコーダーモードを参照してください)




ユニバース一覧内でダブルクリックすると、詳細モニターウインドウが開きます。
ユニバース一覧内でクリックすると、表示するユニバースを指定できます。



表示更新は間欠的で(とくにユニバース数が多い時)、すべての DMX データをもれなく表示するわけではありません。
そのため、「チャンネル数」表示は必ずしも正確ではありません。
(チャンネル数がより少ないあるいはより多いデータが含まれている可能性もあります)


ファイル メニュー



名前変更
DIAheart 装置内の DMX ファイルや音声ファイルの名前を変更します。
「ファイル一覧」で対象ファイルを1個だけ選択状態にしてから、「名前変更」を選んでください。
シーンやシーケンスに割り当てられているファイルの名前を変更すると、それらを再生しなくなります。

半角英数記号以外の文字を使用すると、DIAheart 装置本体側(レコーダーモード)では正常に表示できません。

装置から転送
DIAheart 装置内の DMX ファイルや音声ファイルを、コンピューターのファイルとして保存します。
「ファイル一覧」で対象ファイルを選択状態にしてから、「装置から転送」を選んでください。

再生用ファイルを装置から転送
再生専用モードの各種設定(ボタンや予定表などを含む)と、全シーケンスに割り当てられているファイル(DXM、音声)をコンピューターのファイルとして保存します。
設定ファイル(.dhp)の保存先を指定すると、同じフォルダー内に「audiofiles」「diarecfiles」フォルダーが作成され、それぞれ音声ファイル、DMX ファイルが保存されます。

再生設定の書き出し/読み込み
再生専用モードの各種設定(ボタンや予定表などを含む)を、コンピューターのファイルとして保存/読み込みできます。
(ただし、これには DMX ファイルや音声ファイルは含まれませんので、別途「装置から転送」で保存してください)