目次

音声再生

DIAheart は、DMX データ再生と同時に、音声ファイルを再生できます。





音声ファイルの使用
再生に使用する音声ファイルは、コンピューター上のファイルを DIAheart へ転送することで使用できるようになります。
音声ファイルを転送するには、「装置制御ウインドウ」右側の「音声」ボタンを選択して音声ファイル一覧を表示し、一覧の中にドラッグ/ドロップします。
DIAheart 自体は、WAV ファイル、リニア PCM フォーマットのみに対応しています。
 ビット数/サンプル:16 〜 32(正確には、サンプルあたり2〜4バイト)
 チャンネル数:1 〜 2
 サンプルレート:任意(44.1 〜 48 kHz を推奨)
その他のフォーマットおよびエンコードの音声ファイルは、DIAheartSet が自動的に変換してから転送します。
変換にはシステム提供の機能を利用します。
変換可能なフォーマットおよびエンコードはシステムにより異なります。
変換できない場合は、専用アプリケーションなどで別途変換してください。

音声ファイルの削除
音声ファイル一覧で選択したファイルを、「編集」メニューの「削除」で削除できます。


音声出力装置
音声出力には、市販の USB オーディオ インターフェースを使用します。
そのうち、「USB Audio 1.0」または「USB Audio 2.0」という標準規格に準拠したものを使用できます。
このような製品は、「USB オーディオ クラス コンプライアント」(compliant)などと表記されている場合があります。
表記がない場合の目安として、「Mac(OS X)用のドライバーが不要」があります。
(クラス コンプライアントでも、Windows 用のドライバーのインストールが必要な場合があります)

製品例
TASCAM US-2X2(USB Audio 2.0)
 http://tascam.jp/product/us-2x2/
Behringer UCA222(USB Audio 1.0)
 http://www.behringer.com/EN/Products/UCA222.aspx

DIAheart は USB 2.0(および USB 1.1)に対応しています。
また、USB ハブにも対応しています。

DIAheart は、リニア PCM フォーマットのみに対応しています。
 ビット数/サンプル:16 〜 32(正確には、サンプルあたり2〜4バイト)
 チャンネル数:任意(ただし、はじめの 2 チャンネル(ステレオ)のみ使用します)
 サンプルレート:任意