目次

Valencia について

Valencia(バレンシア)は、既発売の DIAheart(ダイアハート)をもとに、映像再生機能を付加したものです。
ほとんどの機能/操作は DIAheart に準じています。
そのため、本説明書は DIAheart に関する事柄を基本とし、Valencia に特有の事柄および相違点は追記の形とします。
DIAheart にあって Valencia にはない機能も一部あります。

仕様は予告なく変更される場合があります。
あらかじめご了承ください。

Valencia と DIAheart のおもな違い

Valencia

DIAheart
電源 12V5V
起動 電源投入後 10 秒程度即座
映像再生
DisplayPort(USB Type-C)
電源断遅延 Power ボタン押下から動作停止までの時間
(外部電源断では即動作停止)
外部電源断から動作停止までの時間
受信動作切り替え 無(暫定)
Ethernet 1Gb100Mb
USB USB 2.0 2個
USB 3.0 1個
USB 2.0 1個
音声出力 USB オーディオ
DiaplayPort
ヘッドフォン(ミニジャック)
USB オーディオ
多チャンネル音声出力 無(暫定)
Art-Net(sACN)再生ユニバース数 400
ただし併用する映像データによって少なくなります
400
設定アプリ ValenciaSetDIAheartSet





Power ボタン
Valencia は外部電源の入切で起動/終了できます。
また、動作中に Power ボタンを押して終了することもできます。
この場合、再度 Power ボタンを押して再起動できます。
Valencia の不具合で動作不良になった場合、Power ボタンを8秒以上押し続けると、強制的に終了できます。


動画ファイル、音声ファイル
Valencia で再生可能な動画ファイル、音声ファイルは、下表の通りです。

コンテナーMPEG-4
映像圧縮 H.264(AVC: Advanced Video Coding と呼ばれることもあります)
Base/Main/High/High10 profile、Level 5.1

最大フレームレート
25 fps(4096 x 2048 より大きい場合)
30 fps(4096 x 2048 以下の場合)
音声圧縮 Apple Lossless(ALAC)

 最高サンプルレート: 48 kHz
  最大チャンネル数: 2
最大サンプルビット数: 16

これ以外の動画(音声)ファイルは、ValenciaSet がシステム提供の機能を使用して、自動的に変換してから、Valencia へ転送します。
動画(音声)ファイル作成時点でこれらの条件に合わせておけば、変換が不要になるため、画質の劣化(変化)を避け、変換時間の無駄を省けます。

映像の「キーフレーム間隔」は概ね2秒以下になるようにしてください。
これが長いと、頭出しに時間がかかり、再生開始が遅れる可能性があります。
(ValenciaSet が映像データを自動的に変換する場合は、無条件に2秒にします)

映像が 2K(1920 x 1080)よりも高解像度の動画を使用する場合、クロスフェード時に、それまで再生していた映像の進行を止めます。
クロスフェード時も映像の進行を継続させるには、2K(1920 x 1080)以下の映像の動画ファイルを用意するか、後述の「映像変換設定」で 2K(1920 x 1080)以下に制限してください。
外部ディスプレイの解像度/更新周期は無関係です。


ファイル メニュー

映像変換設定
ValenciaSet から Valencia へ動画ファイルを転送する際に、映像の解像度を制限して変換します。
映像の解像度を下げると、より多くの(より長時間分の)動画を Valencia 本体に保存できます。
また、照明データの再生動作に余裕ができます。(より多くのユニバースの再生ができます)




設定 メニュー




ディスプレイ解像度
Valencia に接続されている外部ディスプレイで使用できる解像度/更新周期一覧を表示します。
その中から使用する解像度/更新周期を指定します。
同じ解像度/更新周期でも、同期信号が異なるもの(極性、タイミングなど)がある場合は、カッコで表します。
(中の数字は区別のためであり、意味はありません)
接続されているディスプレイがサポートしている解像度/更新周期をすべて表示するわけではありません。
Valencia で使用できるものだけを表示します。




音声出力
音声の出力先を指定します。