目次

自動再生

「自動再生」では、「停止状態」で所定の時間経過後に、自動的に再生開始するシーケンスを設定します。




停止状態
自走の場合、「停止状態」は、最後の DMX シーンおよび最後の音声シーンの再生が完了した状態です。

最後のシーンにファイルが割り当てられていても、そのファイルが無効(実在しないなど)の場合、そのシーンはすぐに再生完了となります。

自走の場合、以下のような状況では、「停止状態」になりません。


試行
割り当てられているシーケンスを自走再生開始します。

シーケンス
「停止状態」で所定の時間経過後に再生する「シーケンス」を割り当てます。
「装置制御ウインドウ」の「シーケンス一覧」からドラッグ/ドロップして設定します。
シーケンスの割り当てを解除するには、クリックして選択状態にし、「編集」メニューの「削除」を実行します。
(もしくは「delete」キー)

経過後
「停止状態」になってから自動的に再生開始するまでの経過時間です。
(起動後はすぐに再生開始します)

予定表」を併用し、「外部同期」(「自走」以外)を使用する場合は、「経過後」をある程度長くして、同期開始を妨げないようにしてください。
あるいは、自動再生による「シーケンス」を設定せず、「予定表」による起動を検討してください。

「予定表」による「シーケンス」選択後、「経過後」の時間経過までに外部同期が始まらないと、自動再生による「シーケンス」を再生開始します。


予定表を再許可
自動再生開始に加え、「予定表」による再生開始も可能にします(「動作可」を自動選択)。
ボタン操作や外部制御でシーケンスを再生開始すると、「予定表」による再生開始を禁止します。
これを自動的に復帰します。
(DIAheart 本体の操作で、手動で再許可することもできます)