目次

ファイルメニュー





調整済みの装置を保存...
詳しくは「調整済みの装置」を参照して下さい。


静止画として記録
表示ウインドウの表示内容を、その寸法で静止画ファイル(PNG 形式)に記録します。
表示ウインドウの寸法...」で寸法を設定できます。
ユーザーのドキュメントフォルダ内に「PrefLight Capture」というフォルダを自動的に作成し、その中に日時をもとにしたファイル名で自動的に保存します。

動画に記録
表示ウインドウの表示内容を、その寸法で動画ファイルに記録します。
表示ウインドウの寸法」で寸法を設定できます。
ユーザーのドキュメントフォルダ内に「PrefLight Capture」というフォルダを自動的に作成し、その中に日時をもとにしたファイル名で自動的に保存します。
記録が始まると、このコマンドの名称は「記録停止」に変わります。
記録を停止するには、この変わった項目を再度選びます。
メニューが表示されるとアニメーションの動作に影響がでます。
ショートカットキーを使用すると、記録開始/停止時の影響を低減できます。


動画設定
動画の記録のしかたを設定します。
圧縮方式によっては処理が多くなり、表示の滑らかさが損なわれる場合があります。



音声も記録
これが選ばれていると、音声も記録します。
詳細は「音声の記録について」を参照して下さい。