Comox ホームページ

Comox 更新履歴

2016/11/11
v1.6.1
macOS 10.12 で表示言語がシステム設定と異なる不具合を修正。


2015/11/17
v1.5.9
Mac OS X 版で使用できない装置がある不具合を修正。


2015/11/5
v1.5.8
Mac OS X 10.11 に対応。
(Mac OS X 10.11 での使用上の注意 )


2015/10/29
使用可能なフロッピーディスクドライブを追加。
(オウルテック社製 OWL-EFD3/YL )


2015/8/12
ファイルへの保存時に、シーン番号の重複がある場合に確認表示するよう変更。


2015/1/18
Mac OS X 10.10 へのインストール手順について追記。


2014/1/23
v1.5.6
表示設定機能を追加。


2013/12/25
v1.5.5
「次のチャンネルへ」を使用時の、複数チャンネルの同時変更の不具合を修正。
配置の色数を増加。


2012/12/31
v1.5.3
Mac OSX Cocoa 版で、複数の画面が使用されている場合の不具合を修正。


2012/7/7
関連製品「U」を公開(コンセプト版)。


2012/4/27
使用可能なフロッピーディスクドライブを追加。
(オウルテック社製 OWL-701EFD-U(SV) )


2012/3/23
v1.4.6
とくに Windows 版で、動作および操作性を改善。
Mac OSX 版で、マウスホイールへの反応を改善。


2012/2/4
v1.4.5
Windows 版で、ヘルプを表示できない不具合を修正。
配置機能で、「こま」を追加できない不具合を修正。


2011/12/28
v1.4.3
Windows 版で、システムの設定によっては各種ドラッグ/ドロップができない不具合を修正。


2011/9/19
v1.4.2
ユーザー登録済みでも、起動時に「未登録」と表示する不具合を修正。
Mac OSX 版で、コンピューターの起動時にフロッピーディスクドライブが接続されている状態でも、使用できるように改善。
(ComoxFDD を再度インストールして下さい)


2011/8/7
v1.4.1
Mac OSX 版で、ComoxFDD を 64 ビットカーネルに対応。
シーンリスト、チャンネルリストで、PrefLight からのシーン状態のドラッグ/ドロップに対応。
直接編集で、ドラッグ/ドロップによるチャンネル編集機能を追加。
直接編集で、「全チャンネルをゼロに」「チャンネルを消去」機能を追加。


2011/2/27
v1.4.0
OSC 出力に対応。
(弊社製 PrefLight で、照明制御を模擬表示するのに利用できます)


2010/12/22
v1.3.8
ComosProject CSV ファイルの読み書きに対応。


2010/11/19
v1.3.7b
配置機能で、「次のチャンネルへ」が使用されていると、右端のこまのチャンネル値の入力をリターンキーで確定しない不具合を修正。


2010/11/19
v1.3.6b
配置機能で、選択操作を正しくできない不具合を修正。
配置機能で、チャンネル名を折り返さない不具合を修正。


2010/11/17
v1.3.5b
JASCII フォーマットで保存する時の指定項目を追加。


2010/11/1
使用可能なフロッピーディスクドライブを追加。
(アイ・オー・データ機器社製 USB-FDX1A、USB-FDX1BK)


2010/10/30
v1.3.4b
配置機能で、大きいチャンネル番号を設定できない不具合を修正。


2010/10/26
v1.3.2b
任意のチャンネル順で表示する配置機能を追加。


2009/12/30
v1.3.1b
チャンネルを逆順にする時に、チャンネル名に適用しない不具合を修正。


2009/12/29
v1.3.0b
Windows 7(64bit、32bit)に対応。
任意のショートカットキーを設定する機能を追加。
チャンネルを逆順にする機能を追加。


2009/10/7
v1.2.9b
Windows 版で、リムーバブルディスク(取り外し可能な記録媒体)に保存後、それを取り外した状態でファイル選択できなくなる不具合を修正。
(緊急の対処法:いったん何らかのデータを「保存」していただくと、そのあとは、ファイル選択ウインドウが表示されるようになります)


2009/7/26
v1.2.6b
製品パッケージ版を発売。
通常使用時は USB メモリーまたは DoctorMX インターフェースボックスの接続を不要とするよう、ユーザー登録動作を変更。


2008/12/5
v1.2.5b
Windows 版で、フロッピーディスクドライブ LFD-A1U を使用できない不具合を修正。


2008/10/16
v1.2.4b
使用可能なフロッピーディスクドライブを追加。


2008/6/14
v1.2.3b
チャンネル選択によってキーボード入力状態になるように変更。


2008/2/11
v1.2.2b
チャンネルごとの設定値を印刷(プリントアウト)のためにウェブブラウザで表示する機能を追加。


2007/11/7
v1.2.1b
Mac OSX 10.5 に対応(スクロールバーが表示されない不具合を修正)。


2007/10/23
v1.2.0b
シーンが1つもない DoctorMX コンソールファイル(.dms)を読み込むとチャンネル数が 0 になるのを、少なくとも 512 チャンネルとするように変更。


2007/9/16
JASCII ファイルを CSV(カンマ区切り)へ変換するユーティリティ「JasciiToCsv」を提供(Mac OSX のみ)。


2007/8/3
v1.1.8b
チャンネル名およびシーン一覧を印刷(プリントアウト)のためにウェブブラウザで表示する機能を追加。
Windows 版で開くファイルを選択できない不具合を修正。


2007/7/29
v1.1.7b
JASCII テキストファイルの読み込みでチャンネル番号がずれる不具合を修正。
Mac OSX 版を Universal Binary 化。


2007/6/18
v1.1.6b
Windows 版で、USB フロッピーディスクドライブを選別する動作を改良。


2007/6/3
CSV(カンマ区切り)ファイルを JASCII へ変換するユーティリティ「CsvToJascii」を提供(Mac OSX のみ)。


2007/6/2
v1.1.5b
Windows 版のインストーラを改良。


2007/5/18
v1.1.4b
Windows XP、Windows Vista 上でシステム提供のデバイスドライバを利用し、動作の安定化と互換性を向上。


2007/5/11
v1.1.3b
専用デバイスドライバ「ComoxFDD」によって、Intel CPU を使用した Mac に対応。


2007/5/9
v1.1.2b
Windows Vista (32bit) に対応。


2007/4/12
v1.1.1b
COMOS テキストフォーマット(.cms)での保存時に、ほかのアプリケーションとの互換性を改善。


2007/3/11
v1.1.0b
直接編集機能を追加。
チャンネル編集機能を追加。
シーンメニューに「DMX 出力を使用」の項目が現れない不具合を修正。


2007/1/26
v1.0.8b
複数チャンネル同時変更の仕方を選択する機能を追加。


2007/1/23
v1.0.7b
リターンキー(エンターキー)で次のチャンネルの入力へ移動する機能を追加(次のチャンネルへ)。
編集中のシーンの全チャンネルの値をゼロにする機能を追加(全チャンネルをゼロに)。


2007/1/22
v1.0.6b
「COMOS ディスクへ書き込み...」で、規格どおりのデータを書き込まない不具合を修正。


2007/1/17
v1.0.5b
チャンネル名に文字の大きさを反映しない不具合を修正。


2007/1/16
v1.0.4b
シーンデータを DoctorMX のコンソールに準拠とし、シーン名およびチャンネル名を使用できるように変更。
複数チャンネルの同時変更機能を追加。
選択範囲設定機能を追加。


2007/1/12
v1.0.3b
連続する「シーン読み込み」操作の取り消しを、1つにまとめるよう変更。


2007/1/9
v1.0.2b
Mac OSX 10.3 で動作するものを別途用意しました。


2007/1/7
v1.0.1b
Windows 版公開。
「COMOS ディスクから読み込み...」を、使用されている部分だけ読み込むように改良。
上下矢印キーでシーンを変える時に、表示を追従するよう変更。
ユーザ登録条件の確認動作を変更。


2007/1/3
v1.0.0b
Mac OSX 版公開。


クワテック株式会社
〒156-0056 東京都世田谷区八幡山3-33-8
電話:03-6231-8398 FAX:03-6231-8399
uty@kuwatec.co.jp