目次

SynVisum 提供のコンポジション(アニメーション 人工)


デジタル時計(アニメーション)



デジタル時計を表示します。
(この機能を使用するには、Mac OSX 10.6 以降が必要です)

「動作」は表示様式を指定します。



「速さ」は時間の進行速度です。
「1」で実時間と同じです。
「0」では停止します。
負数では逆行します。

「設定」に時刻を入力しておくと、シーンの実行時(または混合量フェーダーを最小から上げた時)に、その時刻に設定します。
時、分、秒をコロン(:)で区切って指定します。
1秒未満は小数で指定します。
空白の場合、時間進行を継続します。

「停止」に時刻を入力しておくと、その時刻で停止します。
停止状態を解除するには、以下の方法があります。
「大きさ」は文字の大きさです。

「画像」によって、文字に使用する画像を指定できます。
0 〜 9、小数点(ピリオド)、区切り(コロン)の計 12 文字を等幅に並べた画像を使用します。
(「フォント」で文字を指定する場合は、「画像」(およびフィルター)を「なし」にします)

<画像例>(クリックすると大きい画像をダウンロードできます)



宇宙飛行(アニメーション)



宇宙空間を飛行しているような表現を生成します。
設定された画像(小惑星など)を前後に移動して表示します。
「広がり」は空間内での分布の広がりです。
これを小さくすると筒のようになります。
「回転」は個々の画像の1秒あたりの回転数です。
「変化」は個々の画像の回転(傾き)を不規則にします。
(「変化」なしの場合、すべての画像の回転速度は同じですが、位相は異なります。
位相も同じにするには、元の画像自体を回転して下さい)


花火(アニメーション)



打ち上げ花火を生成します。
「大きさ」は玉の大きさを「号」で指定します。
「星の大きさ」は、爆発後の小片の大きさを調節します。
「距離」は打ち上げ場所から視点までの距離です(メートル単位)。
「位置」は打ち上げ場所の横位置です(メートル単位)。
シーンを実行すると打ち上げます。
ただし、すでに打ち上げ後で、完了していない場合は、打ち上げません。
混合量フェーダーを最小から上げると、常に打ち上げます。
「繰返し」の場合、自動的に繰り返します。


花火大会(アニメーション)



継続的に打ち上げ花火を生成します。
種類や大きさを無作為に選んで打ち上げます。
「距離」は打ち上げ場所から視点までの距離です(メートル単位)。
(打ち上げ場所の横幅は 400 メートルとしてあります)
「規模」は最大の玉の大きさを「号」で指定します。
「星の大きさ」は、爆発後の小片の大きさを調節します。


エンドロール(アニメーション)



文章をスクロールします。
「行揃え」が「左/中央/右」の場合、横書きになり、縦方向にスクロールします。
「行揃え」が「上/中間/下」の場合、縦書きになり、横方向にスクロールします。
「行送り」は「1.0」が標準です。
「速さ」は1秒あたりの移動量で、表示画面の全幅が「2.0」です。
「行」に数値を指定すると、シーンの実行時(または混合量フェーダーを最小から上げた時)に、その行からスクロールします。
最初の行の先頭は「0」です。
指定行の先頭からのスクロール開始になるので、逆方向(「速さ」が負数)の場合は次の行を指定して下さい。
「繰返し」は、スクロール動作を繰り返します。
シーンを実行するときに、そのシーンで「行」が指定されていると、スクロール中でも中断して指定行から再開します。
スクロールを継続するには、「行」を空白(無指定)にしてシーンに保存しておいて下さい。

シーンメモリーを使用する場合はほとんどのシーンで「行」を空白(無指定)にして、スクロールを開始するシーンのみ「行」を指定する方が良いと思われます。
「改行」の場合、表示画面に収まらない長い行を自動的に改行します。
この場合「行」指定は、自動的に改行された状態で数えますので、もとの文字列の行数とは異なります。


スクロール文字列(アニメーション)



文字列を左右にスクロールします。
「速さ」は1秒あたりの移動量で、表示画面の全幅が「2.0」です。
文字列中に改行があると、表示画面全体を空白にします。
(複数の空行も1つにまとめます)
「行」に数値を指定すると、シーンの実行時(または混合量フェーダーを最小から上げた時)に、その行からスクロールします。
最初の行の先頭は「0」です。
指定行の先頭からのスクロール開始になるので、逆方向(「速さ」が負数)の場合は次の行を指定して下さい。
「繰返し」は、スクロール動作を繰り返します。
シーンを実行するときに、そのシーンで「行」が指定されていると、スクロール中でも中断して指定行から再開します。
スクロールを継続するには、「行」を空白(無指定)にしてシーンに保存しておいて下さい。

シーンメモリーを使用する場合はほとんどのシーンで「行」を空白(無指定)にして、スクロールを開始するシーンのみ「行」を指定する方が良いと思われます。


文字(アニメーション)



文字列を画像として表示します。
「行送り」は「1.0」が標準です。
「行揃え」が「上/中間/下」の場合、縦書きになります。