目次

チェイサー

「フェーダ組」の状態を断続的に再生します。
1つの「チェイス」には複数の「ステップ」(=フェーダ組)が設定できます。
各チェイスには名前、速さ、滑動、フェードイン/アウト時間、方向を設定できます。
「速さ」はステップが切り替わる周波数 [Hz](ヘルツ)で指定します。
「滑動」はステップが切り替わるときに状態を徐々に変化させる時間で、「速さ」によって決まる1ステップの時間に対する割合をパーセント(%)で指定します。
「フェードイン」は、マウスクリックやキューシートによってチェイスを切り替えた時に、そのチェイスのレベルが最大になるまでの時間[秒]です。
「フェードアウト」は同様に、そのとき動作している他のチェイスのレベルが 0 になるまでの時間[秒]です。
「方向」はステップの出力順序を指定します。



チェイスリスト
ウインドウ左側はチェイスデータの一覧です。
チェイスを選択すると、そのチェイスのステップ動作を開始します。
各チェイスの余白をクリックするとチェイスデータをドラッグ&ドロップできます。
[Ctrl]キー(Windows)/[option]キー(Mac)を押しながらドロップするとチェイスデータを複製して追加します(移動ではなく)。

ステップリスト
ウインドウ右側はチェイスリストで選択されているチェイスのステップ一覧です。
1つのステップは「フェーダ組」に対応します。
ステップを選択すると、そのステップのフェーダ状態を出力してステップ動作を停止します(確認用)。
このとき一時的にそのチェイス(ステップ)だけが最大レベルで出力されます。
また「ミックス」が選択されていても、この間は入力は出力されません。
ステップをクリックしてドラッグ&ドロップできます。
[Ctrl]キー(Windows)/[option]キー(Mac)を押しながらドロップするとステップを複製して追加します(移動ではなく)。
[Shift]キーを押しながらドロップするとステップを書き換えます(上書き)。

ステップの記録
コンソールのフェーダ組、シーンメモリモニタなどからフェーダ状態(フェーダ組)をドラッグ&ドロップして記録します。

キーボードでのチェイスおよびステップ切り替え
チェイス(またはステップ)が選択されている状態のとき、[↑]キーと[↓]キーでチェイス(またはステップ)を切り替えることができます。


チェイスを読み込み...(ファイルメニュー)
チェイスファイルを読み込みます。

チェイスを保存(ファイルメニュー)
チェイスデータをチェイスファイルに保存します。

チェイス/ステップの編集
「編集」メニューを使用します。

チェイスを作成(編集メニュー)
空のチェイスを新たに追加します。

素通り
このチェイサー機能を使用しないで、入力をそのまま出力します。

ミックス
入力とチェイスステップのうち、大きなレベルを出力します。
(「チェイスミックス モード」では入力はまったく出力されません)

速さ[%]
各チェイスに設定されている速さを一時的に調節してステップ動作させます。
「100%」で設定どおりになります。


チェイサー メニュー

固定の速さ
これが選ばれていると、各チェイスに設定されている速さではなく、固定の速さでステップ動作させます。
このとき各チェイスの「速さ」設定は表示されません。




チェイスミックス モード
この「チェイサー」機能への各チャンネルの入力レベルに応じて、複数のチェイスのレベルをミックスします。
各チャンネルの最大値を出力します。
はじめのチェイスから順に、入力チャンネル1、2、3...と対応します。
キューシート」によってチェイスを実行すると常に同じステップから開始しますので、1つのキューに複数のチェイスを実行する「操作」を置くことでチェイスどうしの位相関係を再現できます。
チェイスミックス モードでは各チェイスの「フェードイン/アウト」設定は表示されません。




速さ制御
この「チェイサー」機能への入力のうち1つのチャンネルを使用して、速さを制御できます。
(速さ制御を使用している場合、メニュー項目にチェックマークがつきます)




チャンネル値相対速さ固定の速さ
255 (100%)約 400%約 15 Hz
128 (50%) 100%3.75 Hz
0 (0%) 0%0 Hz


取り消し/再実行(編集メニュー)
変更操作を取り消し/再実行できます。
チェイスのステップ数が多いほど、取り消し可能な回数は減ります。
100 ステップほどのチェイスの変更操作を 10 回程度取り消しできます。


使用上のヒント
編集用に別の「チェイサー」ウインドウを開くと、チェイスおよびステップの編集に便利な場合があります。
複数の「チェイサー」あるいは「チェイスミックス モード」を使用して異なる速さのチェイスを同時に動作できます。
「チェイサー」と「コンソール」を併用すると、いくつかの燈体でチェイス動作をさせながらシーンのクロスフェードを実行できます。
「チェイサー」のステップを部分的に変更するには、「チェイサー」のあとに「コンソール」を置き、「コンソール」の「入力状態」ボタンを押してチェイサーの状態を取り、変更後ドラッグ&ドロップするとできます。「コンソール」の「素通り」スイッチを適宜使用します。