目次

予定表

「レコーダー モード」では、記録した DMX データファイルを、日時に応じて自動的に再生開始することができます。
それには「予定表」機能を使用します。
「予定表」は「シーン メニュー」の「予定表を使用」を選択することで使用できます。



装置制御ウインドウで行う設定は、ウインドウを閉じるとき(もしくは DIAheartSet を終了するとき)に DIAheart 本体に保存されます。
装置制御ウインドウを開いたまま、DIAheart の電源を切らないようにして下さい。

ウインドウ右側は、「予定表」を使用しない場合とほぼ同様です。
ただし、シーンごとに「時刻」を設定するのと、選択されている「シーケンス」の名前を便宜的に示す点が異なります。


シーケンス
一連のシーンは「シーケンス」としてまとめられます。
シーケンス内の各シーンは、時間経過とともに自動的に実行されます。
DIAheart が実行している「シーケンスの時刻」を、シーン一覧内に緑色横線で示します。
各シーケンスには任意の名前をつけられます。
(シーケンスを「予定表」に割り当てた後でも、関連を保ったまま変更できます)
シーケンスの試行、並べ替え、削除は、シーンと同様に行えます。


行事
「行事」(イベント)には、「対象となる日時」と、実行する「シーケンス」を設定します。
各行事には任意の名前をつけられます。
「シーケンス」は、右隣の「シーケンス一覧」からドラッグ/ドロップして設定します。

「対象となる日時」は、年/月/日、曜日、時/分/秒それぞれにあてはまる条件で指定します。
指定されない項目(空欄)は「常に対象」となります。
指定する場合は半角数字で、個別の数値をカンマ(,)で区切るか、ハイフン(-)を挟んで連続範囲として指定します。
(例)
月:2,5-8,12
この場合、2、5、6、7、8、12 月が当てはまります。

行事の順序
DIAheart は内蔵カレンダー/時計の進行によって、対象となる行事を逐次選択します。
その際、行事一覧の上側から順に、条件に当てはまる行事を選択します。
(上側の行事の方が優先度が高い)
そのため、より限定的な日時の行事を、上側に置くことになります。
上図の例では、「通常」が常に当てはまる(すべて空欄)とすると、毎年2月14日だけはシーケンス「バレンタイン用」が実行されます。
それ以外はシーケンス「通常」が実行されます。

一致する「行事」が別のものに代わるときのみ、設定されている「シーケンス」の実行を開始します。
一致する「行事」がない場合は、すでに実行している「シーケンス」を継続します。
そして次に「行事」の一致が起これば、その「シーケンス」の実行を開始します。


保持
「対象となる日時」の「分」や「秒」などに条件を指定すると、短い時間しか対象になりません。
このような場合、「保持」である程度の時間長を指定することで、その行事に留まるようになります。
「保持」による延長は、いったんその行事が選択された場合に有効です。
条件自体を延長するものではありません。
また、上側の行事は「保持」によらず選択され得ます。

(例)
分:59
この場合、毎時 59 分からの1分間だけが対象です。
「保持」を「00:10:00」にすると、対応するシーケンスを 10 分間再生できます。

時計同期
通常は、条件に合う行事が選択された時点から、シーケンスの実行を開始します。
このため、DIAheart 本体の起動が日中の任意時刻の場合、シーケンスの時間進行と実世界の時計時刻が合うとは限りません。
シーケンスの時間進行を実世界の時計時刻に合わせるには、「時計同期」を選択します。
こうすると、各シーンの時刻に「オフセット」を加えた時刻が、時計時刻と合うようにシーケンスを進行するようになります。




シーン メニュー




時刻を移動
シーンの実行時刻を変更します。




行事を追加
行事を追加します。

シーケンスを追加
シーケンスを追加します。