目次

概要

AudioReady(オーディオレディ)は、複数の音声ファイルを平行して再生するアプリケーションプログラムです。
おもに OSC(Open Sound Control)によって外部から制御するためのものです。




AudioReady には複数の「チャンネル」を設定できます。
1つのチャンネルごとに、1つの音声ファイルを設定します。
各チャンネルには「再生開始位置」および「音量」を設定できます。
各チャンネルは個別に任意のタイミングで再生できます。

チャンネルの追加
音声ファイルをウインドウにドラッグ/ドロップして「チャンネル」として追加できます。
あるいは「編集」メニューの「チャンネルを追加」のあと、音声ファイルをドラッグ/ドロップして設定/変更できます。




設定ファイル
AudioReady の設定ファイルには、その中で使用されている音声ファイルの場所が記録されます。
(音声ファイルの内容自体は設定されません)
音声ファイルの場所には、以下の4通りがあります。
  1. AudioReady の設定ファイルと同じフォルダー、およびその下位フォルダー。
    AudioReady の設定ファイルを含むフォルダーからの相対位置で記録されます。
    このフォルダーごと移動しても再現できます。

  2. ユーザーのドキュメントフォルダー、およびその下位フォルダー。
    ユーザーのドキュメントフォルダーからの相対位置で記録されます。

  3. ユーザーのホームフォルダー、およびその下位フォルダー。
    ユーザーのホームフォルダーからの相対位置で記録されます。

  4. それ以外。
    絶対位置で記録されます。

OSC 入力
「制御」メニューの「OSC UDP ポート」で、受信ポート番号を設定します。
OSC を受信可能な場合(指定の UDP ポートを使用できる場合)、メニュー項目に印が付きます。







OSC アドレス